パナソニック 電動 自転車 リコール。 パナソニック電動自転車用バッテリー交換のお知らせ

パナソニック電動自転車用バッテリー交換のお知らせ

改善するが症状が再発する場合は、充電器またはバッテリーの消耗が原因です。 機能が多すぎて製造が困難だったせいかもしれません。 バッテリーを交換する必要があります。 電動バイクの型番では対象バッテリーを特定できません。 します。

Next

パナソニックが電動自転車のバッテリーが発火する可能性を呼び戻すレスポンス(social.tidaltoday.com)

琵琶湖を代表する2つのイベントに同時参加できるイベントを開催します。 また、前回の2回の発表で交換済みのバッテリーをそのまま使用できます。 9ああ 2013年10月2日〜2013年10月4日 NKY450B02 〃 〃 NKY451B02 13. この場合、2番目と4番目のバッテリーレベルLEDが点滅していることをお知らせください。 一人で乗らないでください。 eバイクのモーターにも問題がある可能性があります。

Next

ハンドルロック

暑い日は直射日光を避けて保管してください。 この症状は、一部のバッテリーセルが故障したときに発生します。 します。 ご不便をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。 サービスは2020年7月15日に名古屋市で始まり、2020年9月16日に東京の浅草エリアで始まります。 【パナソニックサイクルテックホームページ】 URL: 【パナソニックサイクルテックホームページのQRコード】 下の画像6 【お客様連絡先】 パナソニックサイクルテック株式会社電動自転車バッテリー市場執行管理 フリーダイヤル(フリーダイヤル):0120-870-355(携帯電話とPHSに電話することもできます。

Next

パナソニックはLINEを使用して電気自転車バッテリーをリコールする収集方法を実装します

このアカウントはリコールされたバッテリーの収集用であるため、このアカウントではパナソニックサイクルテック製品の宣伝や宣伝は行いません。 リヤマウントにチャイルドシートを取り付ける場合は、操作に支障のない範囲でできるだけフロントの近くに取り付けてください。 (重心が後退すると後退する場合があります。 バッテリーを交換する必要がある場合は、オンラインにすることができます。 ・後部ラック(ボックス)には積載制限がありますので、お子様が乗車する場合は特にご注意ください。

Next

2020/04/21パナソニックサイクルテック株式会社電動自転車バッテリー

豊臣秀吉時代に城下町として栄え、現在もその雰囲気が残る街並みは、国の伝統的建造物群の保存地区に選ばれました。 2012年12月から2013年4月までに製造されたバッテリーに加えて、2013年10月2日から2013年10月4日までに製造されたバッテリーも製造上の欠陥により発煙または発火します。 関連リンク チャリチャリ. メーカーのウェブサイトから判断すると、「課金処理エラー」のようです。 (5)画面の指示に従って、インターネット受信画面(下の画像4)に移動します。 私はこのディスプレイにあまり遭遇していません。 ソース:パナソニック バッテリーの火災の可能性は非常に困難です。 6ああ 2013年1月11日〜2013年3月11日 ・電池番号の末尾がBの電池は使用していません。

Next

LINEでコレクションを加速し、パナソニックの電動自転車バッテリーをリコール

4km並ぶ滋賀県を代表する観光地。 最初に電池ラベルを確認してから、(1)電池の品番、(2)バッチコード・電池番号の末尾にBが付いている電池は使用していません。 4月28日、Panasonic Cycle Techが2012年10月から2014年12月の間に製造された電動自転車と交換用バッテリーから発火する可能性があることが発見されたため、事故を避けるためにバッテリー交換は無料です。 上の写真のように、返品の請求書もあらかじめ含まれています。 ご不便をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。 。

Next

パナソニックが電動自転車のバッテリーが発火する可能性を呼び戻すレスポンス(social.tidaltoday.com)

実行されました。 対象バッテリーには、一部の電動自転車に搭載されているバッテリーや、交換用に販売されているバッテリーが含まれます。 【パナソニックサイクルテックホームページ】 URL: 【パナソニックサイクルテックホームページQRコード】 【お客様連絡先】 パナソニックサイクルテック株式会社電気自転車バッテリー市場管理局 フリーダイヤル(フリーダイヤル):0120-870-355(携帯電話やPHSに電話をかけることもできます。 ターゲットの数は346,291です。 パナソニックサイクルテック株式会社2012年10月から2014年12月の間に製造された電動自転車と交換用バッテリーが発火する可能性があるため、事故を避けるためにバッテリーを無料で交換することにしました。 2013年にパナソニックの電動自転車を購入しました。

Next